ふとんの中綿の話


お店ではふとんのリフォームやクリーニングご注文が増えてきました。 それと同時に、めん綿ふとんのオーダーも増えてきました。

特にもめん綿の敷ふとんは今も人気の商品です。



当店で加工している「原綿」が入荷してきました



大きさがわかりにくいですが

これだけで約180キロの綿の原綿です。

太い番線でがちがちに縛ってあり、

硬くて重い塊にしてあります。

こういう形でもめん綿は海外から輸入されます。





この綿はインド綿という種類で、

当店では主に敷ふとんに加工します。

よく衣料品にも使われてますね。


また、打ち直しの際にたし綿や、種類の違う綿と混ぜて

座布団用綿などにも使用します。


天然の素材なので湿度や温度にデリケートです。

この原綿は天気のいい日を指定し入荷して、すぐにほぐして別の袋に詰めました。これから製綿機にかけて、ふわふわのふとん綿に加工します。


鈴鹿市では製綿工場があるのは当店のだけなので、他のふとん屋さんではあまり目にすることはない綿の原綿です。



ポリエステルや化学繊維ばかりのふとんが多く売られていますが、

当店のおすすめはこれ!身体に優しい天然素材のお布団、気持ちいいですよ。気になった方お問い合わせください。





閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示